撤去は大事ですよ!

おしゃれになったホールをいつでも快適に明かすには、おしゃれな家具を買って賢く設置しただけでは維持できません。大事なのはいつでも、いつまでもおしゃれな余剰でくつろげるのか!です。なので、この章ではあなたに合った最適な加工ツボを言いつけちゃいます。

 

 

あなたのはどんな品種ですか?

 

 

ぱなし品種

いつもよく使うものだからといって、「またあすも取り扱うものだから、まぁいっか!」といって、ホールを散らかしてしまう品種です。暮らし流れに空きがなくて加工を講じるエモーションが沸かないという方も多いと思います。これでは漸くおしゃれな家具を揃えたのに、おしゃれなホールは維持できませんよね。

 

ソリューション・・・溜め込まずにデイリー多少なりとも!

 

ぱなしの適性そのものを治すことは難しいですね。物をだしたとおりでも、綺麗に並べておくことができるだけでもOKです。例えば衣装を脱いだら、適当に放り投げておいたりするのでなく、ハンガーに吊るしておくことです。そして寝る前にウォークインクローゼットにしまう恒例にすればいいですね。あとは、ロックや飾りなどのグッズ系は決まった場所に引っ掛けて挙げる入庫ができるとナッチリです!!

 

ずぼら品種

 

これは1のぱなし品種にも似ています。「元の場所に収納するのが面倒だから」というのが口癖で、持ち物を適当な場所に置いてしまう品種です。加工は不得意だからといってすでにあきらめていたら、おしゃれなホールになっても一気に散らかったホールになってしまいます。

 

ソリューション・・・定辺りを決めておこう!

 

例えば、トイレに散乱しがちなデイリー使うメーク道具があります。散乱してそのままデイリー溜め込んでおくとどんどん酷い状態になってしまいます。なので、手持ち存在のバスケットなどに収納しておくと良いでしょう。トイレなら水に濡れやすいのでステンレス製のものがいいですね。セッティング整頓が出来るだけで、いつまでもホールを綺麗に保つことができると思います。

 

ざっくり品種

 

あたしはこの品種ですね。。。とくかく空いているところに物をどんどん詰め込んでいって仕舞う品種です。必要なときに何だか物質が見つからず、生み出す間がかかってしまいます。そのためしょっちゅう忘れ物をしたり、遅刻してしまったりと散々なことになってしまいます。

 

ソリューション・・・レーベルを貼っておこう!

 

編み出す間を省くために、入庫場所にレーベルを貼っておくといいですよ。ソックス、シャツ、文房具と書いておけばいいです。とくにしょっちゅう使用するものは、よく当てはまる場所に入庫BOXを置いておいて、レーベルを貼ってそこに詰め込んでおけばOKです。これで見つけ出す時間も節約できるでしょう。

 

もやもや品種

 

入庫辺りはあるんだけど、物を断ち切ることができないため、ホールの加工が進まない。。。この品種のほうが最も多かもしれませんね。「これはまた今度使う時があるだろう〜これはなかったら窮するかかも〜これは置き忘れるのがもったいないかな〜」そのためホールには物質が貯める一方になってしまいます。

 

ソリューション・・・不要なものは振り捨てる!

 

もし見限るのか持っておくのか迷ったら、そちら用の入庫BOXに閉まっておく!というのがいいです。そしてその入庫BOXに年月日を書いておいて、ウォークインクローゼットとかに閉まっておきます。そして年間後に構成をチャックをして、1年間まったく使わなかったのなら処分してもOKだと思います。

 

欲張り品種

 

あたしはこの品種も当てはまります。例えば、衣装などはバーゲン・大売出しでまとめ買いをして、コスメティックスの実例やサービスは必ず貰う。そして物質が掛かるから入庫BOXも買ってしまうのでホールが狭くなって仕舞うという悪循環。。。

 

ソリューション・・・決まり度を作る!

 

例えば、書籍などのマガジンがいっぱいになってしまった場合は、A4ハンコのファイルBOXを使うと便利です。そして新しいものは右手に、左手になった古臭いものは順番に捨てて出向くという決まり度を作るといいでしょう。そして入庫辺りは満タンにしておくのでなく、「8割程度」にしておくといいですよ。