模様替えにチャレンジ記事一覧

たとえワンルームの狭苦しいお部屋でも、感受性と見識次第でお座敷の狭さは克服できます!ひろく暮らすためのコンポーネントを6つ、ご紹介します。家具は最少が基本です。フロアーの思える面積が少ないとお座敷が狭く感じます。トランク家具はなるべく減らして、多少なりともフロアーを大きく見せれるようにしましょう。家具の割り付けを工夫する。移転をして、いろんな家具を買ってやむを得ずお座敷に置いてみた家具・・・。割り...

人気を遮らない割り付けの手の内割り付け次第で、お部屋はじりじりにも感じるし、逆に窮屈にも感じるものです。細い部屋を大きくのぞかせる割り付けの手の内をここでご紹介します。家具は低めの物を隣に長く置きましょう背丈の厳しい家具はストレスを加えるので、お部屋が狭く感じてしまいます。できるだけ背丈がちっちゃい家具を選んで隣に長く並べてみましょう。高さと表の方法を取りそろえましょう並べた家具の高さや奥行きがバ...

何も置かれていない開門空きを作れば、おルームがゆったりと広く受取ることができます。内部で1ケ所だけでも開門空きを作ろう。おルーム全容に開門空きが作れなくても、コーナーだけでもまとまった開門空きを設ける事ができれば効果的です。床を多めにすることで、おルーム全体を広くあげることができます。家具は片側の壁に寄せておきましょう。床だけではなく、壁の開門空きもおルームを広く挙げるのに効果的です。家具は片側の...

中仕切を使って余分にリズムをつけよう!ワンルームルームにとって、中仕切は非常に有効です。寛ぐうち、食事をするうち、料理をするうち・・・など、事項に合わせた余分を区切って中仕切を使って有効活用しましょう!カーテン思い切ってふすまを取りはずしてカーテンに変えましょう。こうするだけで思いも上がって気晴らしできます。カーテン1枚で、くつろぎのゆとりとおやすみのゆとりに区切ることができるのです。衣装ラックと...

カーテルひとつだけで、お座敷の素地はがらりと変化します。全体の素地をイメージしながらカーテンを選んでみましょう!カーテン1つでお座敷のイメージが決まりますカーテンは、お室内でも思い切り大きな面積を占めます。しかも、家具などで被さることが少ないので、さっさと目につきます。お座敷のイメージを大事なアイテムですから、慎重に選ぶことが大事です。カーテンはただの飾りではありませんカーテンはお座敷の素地を仕立...

ファッショナブル感じ、ユーザビリティともに優れているラグ。面積が幅広いものだけに、色つややルックス、柄決めは敢然と選んでいきたいです。ラグがあると最初石3鳥になります!床にワンポイントが付いて、気配整備をしてくれるのがラグです。季節によっても変更することによって部屋の予想をがらりと変えることもできます。また、クッション性もあるので家具でフローリングに傷つくのを防いでもらえる役割があります。ラグを選...

照明を使って余分の調作りをしましょう!照明は、毎日の暮らしに欠かせない七つ道具です。灯を上手に使って、光線の演出を楽しんでみましょう。蛍光光線でイメチェン蛍光光線のコントラストを入れ換えるだけでも、簡単におルームのフィーリングが変わります。昼間の日射しのような昼光色のやや青白いコントラストの蛍光光線を使っているなら、電球コントラストのやや赤みを帯びた蛍光光線に入れ換えるだけで、おルームは落ち着きの...

ベッドに講じるのか、布団に講じるのか・・・思い切ってお座敷の理解を変えたいなら、ここは大事な1つです!あなたはペット派?それとも布団派?例えば、自分が住むお座敷は洋室だからベッドに・・・ということを決めつける必要はありません。自分の人生とお座敷の広さ、そして理解などを考えあわせて、どっちにするかじっくりと考えて選んでみましょう。ベッドを置くならベッドは既存するものなので、どこに捨て置くのかが大切に...

おホールの中心に置くのは客席です。食事をすることやお茶を飲むこと、ふとした登録を立ち向かうことなどは客席の上ですることが多いです。そのとき椅子を置いて扱うのか、それとも床にありのまま腰掛けるのかを考えてみましょう。椅子派床派椅子がないとおホールを大きくあげることができます。客席と椅子を置くということは、それだけおホールを作ることになります。ですので、ホールが細長い場合は、少ない客席を置いてありのま...